2007年09月12日

猫の毛

猫は実際に触ってみると、やわらかいいわゆる猫っ毛のものもいれば、毛が硬くてゴワゴワしている猫もいます。
このように猫は種類によって毛質も異なるのです。
毛の長さややわらかさが異なれば、日ごろのブラッシングに使う道具や方法も違うので毛の種類を覚えておいた方が良いでしょう。
猫には、オーバーコート、アンダーコートの両方の毛を持つダブルコートと、オーバーコート、アンダーコートのいずれか1種類の毛を持つシングルコートの2種類があります。
まず、アンダーコートの上に短いオーバーコートが生えている短毛種のダブルコートの種類は、アメリカンショートヘア、アビシニアン、ロシアンブルーなどが上げられます。
短いオーバーコートまたはアンダーコートのみの短毛種のシングルコートにはシャムなどが上げられます。
アンダーコートとオーバーコートともに長くボリュームのある長毛種のダブルコートにはペルシャ、ヒマラヤン、チンチラなどが上げられます。
そして、オーバーコートのみの手触りが柔らかい長毛種のシングルコートにはアンゴラが上げられます。
posted by peton at 12:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

小型サンゴ水槽

サンゴ水槽は見る者を魅了します。(ΦωΦ)☆

淡水との違いは何といっても、色鮮やかさと無脊椎動物の存在です。
淡水にサンゴなんて無いですからね。

私は以前、好日と陰日と両方飼育してました。

代表的ハードコーラルはハナガタ、オオバナ、トランペット・・
あげれば切が無いですね。

その中でも、最も美しかったのはコハナガタのピンク!
薄い肉に透き通るピンク色・・・説明しにくい美しさでした。

メジャーなところではオオバナですね。サーフボードのような
骨格が好きでした。

陰日では、やはりクイーンであるウチウラタコアシサンゴですね。
色も豊富で黄色は当時、5万円くらいしました。
幻のサンゴ、ウチウラタコアシブルーを見てみたいです。

水槽はオーバーフローの180cmと120cmです。
好日はメタハラを2本使いました。
やはりハードコーラルは光ですよ!

あ、最近の日本の事情を考えると、春頃からクーラーは必須です。
当時では、先駆けだったのですが、今では主流ですね。

エサはオキアミを削って、すり鉢でツブす感じです。


本当に個性的で、個人の海そのものです。

しかし、問題が・・・

やはり、知識を必要としますので、飼育が難しいです。
あとはタンクメイトは注意です。

私の、可愛いゴールデエンは、オオバナ大好きでも困ります。(^_^;)



是非とも、次は45cm小型マニアック水槽にチャレンジしたいです。
コハナガタにゴールデエン1匹。(ΦωΦ)☆

これなら家族もOKですね??



posted by peton at 23:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

カメは難しかった。

私はカメを飼うのが下手でした。

って「なんで?」

というツッコミが聞こえるようです。

理由としては凝っちゃうんですわ!
水槽らしいものを作って、陸と水を作って・・・

しかし、カメって、そういう環境だと汚すのです。

おかげで「ポップアイ」になちゃって・・・
悲しい思い出です。(^_^;)


今にして思えば、ちゃんと濾過槽などのしっかりした設備が必要だったと反省してます。

日本だと、銭ガメや草ガメ・・・あとは輸入品だと思いますが
ミドリガメなどが主流ですが・・・
意外にどれも環境って大きいんですよ。

怖いワニガメなんかもそうですが
日光浴って必要です。

しかし、ワニガメも飼いましたが、手に負えませんでした。
食欲はすごいし、よく汚します。
カミツキガメって言われるくらいだし、危険を感じました。(^_^;)


そこらの池に放し飼いとかするNEWSを見ますが、絶対やめましょう。
私のようにペットショップに返しましょう!
posted by peton at 10:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

ペットフードって危ないの?

ペットフードが危ないらしい!(^_^;)


人間の食べ物のように、安全性が確立していないのがペットフードです。厚生省の定める食品の規制法や表示法等は適応外ってご存知ですか?

「ええ〜っつ」って思う方はちょとマズイです。
私含めて・・・


蓋を開けてみなければ何が出てくるのか解らないのがペットフードってことですよ。(ΦωΦ)

皆さんは疑問に感じてませんか?


皆さんはどうですか?
ペットフードをペットと同じように食べる事が出来ますか?

ん〜無理!(^_^;)


多くの方も同じ意見ではないでしょうか?

ペットの長生きを願うなら、やはり食生活を見直す必要があります。きちんと主食を決めて、それからしっかり食べる事です。
・・・と、その前に他力本願で、厚生省が動いてほしいって思っちゃいます。

ん〜いけないことですね。やはり自分で料理したものを、ペットに与えるという気がまえがなければ、ペットを家族として考えるのは疑問ですね。

反省しなければなりません。

栄養のバランスを考えなければ、いけませんね。

posted by peton at 19:11| Comment(10) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

カブトムシの感動

幼い頃、飼ったカブト虫は衝撃でした。

私の田舎にも幼少の頃は生息してたので
近所のお兄ちゃんに獲ってもらったのを飼ってました。

小さな頃は憧れてました。とにかくカッコイイ(ΦωΦ)☆

今では、親ゆずりのせいか、去年の夏などは息子がはまってました。

というわけで、これから夏に向けてカブト虫講座
私も無理やり、勉強させられました。

カブトムシの飼育は、まずカブトムシの寝床や産卵の場となる腐植土を用意します。
最も適したものは朽ち木フレークです。
市販の幼虫マットでOKです。(形から、はいります。


多少多めに加湿し、乾燥に注意しながら飼育します。
これは、住んでる地方によりますね〜

エサはスイカなどの極端に水っぽいものは避け、リンゴやモモが良いらしいです。
私は幼い頃、スイカばかりあげてたので、かなり失敗ですね。
(>_<。。。


まあ、市販の昆虫ゼリーはおいしそうに食べますが、自分で調合するのもいいでしょう。
ロイヤルゼリーを混ぜるといいようです。木にカップが収まる穴を空け固定させる事が大切です。

カップだけだと夜にカブトムシが活発に動いたときにひっくり返してしまい、掃除が大変です。(^_^;)
これは注意が必要ですぞ!

飼育ケースにあまり多くのカブトムシを入れたり、雄メスのバランスを極端に崩すと、死亡の原因となるので注意します。
よく魚なんかにも、あるんですよ。
雄メスのバランスが悪いとストレスが貯まるんです。


9月も終わりに近づくと短命なカブトムシはほとんど死んでしまいます。
これは、私も経験が無いので勝手なことは、話せません。

今年こそ、一冬越えてみたいですね〜
posted by peton at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

チワワのないしょ話

本日チワワの話しです。((=^ェ^=))

チワワは世界で一番小さな犬なんですよ〜
しかも知る人ぞ知るメキシコ産です。(有名ですか?

まあ、人気がありますね。
CMで大ブレイクしたのは、皆さん知っての通りです。

私も購入を迷いました。
しかし・・・これが高い!しかも入荷は数ヶ月後です。(^_^;)

断念したのですが、家族に内緒ですが今でも迷ってます。
家族が反対したのも理由のひとつですが
あの可愛さを見たら、誰もが納得すると思うのですが・・・?

チワワっておもしろいんですよ、性質が・・・
身体が小さいため、チワワは自分を大きく見せようとして、大きな犬にも自己主張するほど勇気ある性質をもっています。

その反面、風に吹かれただけでも震えるようなか弱いところもあります。

なんなんだ!っとツッコミを入れたくなる犬なんですね〜

可愛い理由として、
短毛種のスムースと長毛種のロングの2種類があって毛色はとても多彩です。小さな頭と引き締まった身体で黒く輝くひとみが魅力的です。

いやはや、本当可愛いんですよ。

しかし、問題点もあるんですよ。
これが、また・・
チワワは寒さに大変弱いため、暖かいところにいたがります。屋内で飼うことが飼育の条件になります。身体が小さいので温度調節が下手で体温も急激に変化することがあります。(>_<。。。

ん〜軟弱な犬です。

しかし、これも可愛い理由のひとつかもしれませんね。

あ!しつけには気をつけてください。
甘え上手ですので、益々弱くなります。

こんな話し、してたら急に飼いたくなりました。
posted by peton at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

金魚のリティ

私が最初にはまった魚は金魚でした。m(__)m

笑われそうですが・・・これが愛嬌があるんです。
幼い頃、金魚救いがうまくいかなかったにもかかわらず
最初は違和感だらけでした。

事務所で誰も世話する適任がいないばかりに私に世話がまわってきたのです。(^_^;)


金魚を飼うって私にとってはかなりの難関なんです。
でも見てるとなんとなく心が癒される感じがするので、
何度か失敗しながらもまた悪い癖で飼い始めてしまったのです。

近所のペットショップにある
ペットショップで買い求めてました。
大きな水槽に入ってる金魚たち
ここのお店ではワキンが10匹で500円と言う感じでまとめ飼いです。
沢山の金魚の中から網ですくい上げる感じなので
どの子がいいとか悪いとかは全くなしです。
リュウキン、やランチュウなどになると
1匹からでどの子がいいのかも聞いてくれます。
今まで何度も飼っては死なせてしまった金魚に使ってた水槽がまだありました。
ぶくぶくを買わなくっちゃ〜
側はあるけど中に入れる交換のろ過剤がないんだっけ
これは絶対必要!!これがないとすぐに死んじゃうからね。
餌は全然ないから買わなくては、(どれにしよ〜)
種類がいっぱいあるので、結局ペットショップで
普段あげてるものと同じ物にすることにした。

ん〜以外に面倒だ!

すると、その中に愛くるしいほど、泳ぎがかわいい金魚発見!!

以前の有名サッカー選手である、ドイツ人
リトバルスキーに似たドリブル(泳ぎ

私は一人リティと名付け、かわいがったものでした。(ΦωΦ)☆
posted by peton at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

猫の出産

私は数年前に一人暮らしをしてると窓から珍客!

ね・・猫だ!
それもノラ猫・・・でもカワイイ!マイケルと名付けました(定番

かなり、なついて来るので、同棲生活を始めました(ΦωΦ)☆
私は猫を飼ったのが初めてでしたので、かなり不思議・・・
犬とは、あらゆる面で違います。
相当、やつらはわがままです。腹減っている時以外は自分の気分次第。

「猫って随分、人なつっこいな〜」と思っていたのですが
結局「妊娠!」してた模様でした(ΦωΦ)☆

私の猛烈の面倒見によって無事出産。
5匹生みました・・・しかし、そのうちの1っ匹は黒!???
家族が増え、数ヶ月は幸せでした。
キャットフードに、ミルクと家計は圧迫!

その、後・・・私が少し留守にしたため、どっこかに居なくなっちゃ
いましたが、いい思い出です。(泣

しかし、「ノミ」の量って半端じゃないですね〜。
ツブすのも大変でしたので、つかまえて、桶に水を入れて
そこで、殺してました。

我ながら、いいアイデア!

夏のノミはキツいです。

posted by peton at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

介護犬としても

大昔は日本に犬といえば、柴犬(唯一の小型犬)が最高ってイメージ
ありました。

昨今は随分と環境が変化して、外国のペット輸入が盛んですね。
密輸などの動きもあるようで、まずいですね。

そういった中で私は犬と言えばゴールデンレトリーバーがおすすめです。
とっても、賢いですよ!飼い主に忠実で、まさに犬の中の犬?です。

もともと獲物を回収(レトリーブ)する狩猟犬として繁殖育成されてきたらしいんですが、ビーグルやセターとかと同じで血が賢いんでしょうかね?

そうそう、最近は老人増加の日本ですから、益々介護犬としての
活躍が期待されますね。
介助犬や盲導犬として活躍してますね〜
また、警察犬やセラピー犬としても高い能力を発揮しています。

こんな優れた犬は滅多いません。
あ、個人的には毛の発色が好きです。





posted by peton at 02:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

モンガラカワハギは最高

10年前に海水魚にはまりました。((=^ェ^=))

みなさん、淡水魚とかは割りと身近と思いますが
海水魚も、けっこうSHOPなどで見かけます。

仕事の都合上、事務所の金魚世話係りにめでたく任命された私ですが
最初はまったく興味なかったのですが・・・

いや〜はまりました。(^o^)
海水魚の魅力は、なんといっても鮮やかな色彩です!
淡水とは比較になりません。また、飼育法も信じられないくらい難しいのも魅力?でしょうか。

当時300円ほどのコバルトスズメを美しいと感じていたのです。
信じられません・・・今となっては、それが生活を圧迫した
出会いでした。

更に奥深く足を踏み入れると・・
いるわ、いるわの珍魚だらけです。

中でも、はまったのがピグミー系の愛らしい小魚軍団

マルチカラー、フレーム、ココス、ポッター、ホツマツア

高価すぎて手が出ないのですがペパーミントの美しさときたら・・・
当時で100万円する魚という存在にも魅了されました。

しかし、なんといってもゴールデン!(ΦωΦ)☆
あの愛くるしい目は最高です。

大型ではキングエンゼルの質感がいいですね。
あとはフグ系です。

中でも、ゴムのようなサッカーボールの質感だった
モンガラカワハギは最高でした。(ΦωΦ)☆
エサの食いつきは問題ないし丈夫です。強すぎる難点はありますが
動きはヘリコプター並みのおもしろさ。

環境的には、当時90cm水槽でした。
カスタムされた上部ろ過でしたが、けっこううまく行ってました。

まあ、悪魔であるバクハン石の使用が間違ったせいか
ヒドイ目にあいました。
まあ、SHOPも知識が無い時代でしたので、飼い方がむずかしかったですね。

ん〜いずれ復活させたいです。
posted by peton at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。